【ノーコードでホームページ制作!?】ノーコードとは?特徴やメリット・デメリットをご紹介します!


ホームページ制作で打ち合わせをする人

ITに関する専門知識がなくてもノーコードでホームページができるとして「ノーコード制作」が今、注目を集めています。ノーコードホームページ制作の市場規模も年々大きくなっているので、今後も注目の業界になりそうですね。

本記事ではノーコード制作の意味や特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します!



|ノーコードとは?


ノーコード(NO CODE)

ノーコード(NoCode)とは「ソースコードをかずにアプリやシステム、ホームページなどのソフトウェアを開発できるサービス」を意味します。

これまではエンジニアやプログラマなど、専門知識を持つIT人材によりソフトウェアが開発されてきました。しかし近年では、WixやSTUDIOなどのノーコードツールを使用し、ソースコードを記述しなくても開発ができるようになりました。これにより、プログラミングについての知識がない「非IT人材」と呼ばれる方でも、開発ができるようになりました。

ノーコードの市場は年々規模を拡大し、様々なノーコードツールがリリースされています。



|ノーコードの特徴

ノーコードには、視覚的・直感的に開発を進められるという特徴があります。

ソースコードを使わず画面操作により開発するため、現在のデザインを確認しながら作業できます。パワーポイント感覚で制作できてしまうツールもあります。求められるのは、ドラッグやドロップ、文字入力といった簡単な操作です。

これらの特徴により、誰でも作成できます。また、ノーコードによる開発はソースコードの記述が不要な分、時間が短縮されて工数を削減できるという特徴もあります。ノーコードを利用すれば、知識や時間がなくともホームページを制作できる可能性があります!



|ノーコードホームページ制作ツール

ノーコードのホームページ制作ツールは、どんどんリリースされ様々な機能を備えたものがあります。その中でも今回はメジャーなノーコードホームページ制作ツールをご紹介します。

  • Wix(ウィックス)

  • STUDIO(スタジオ)

  • BiNDup(バインドアップ)

  • ペライチ

  • Webflow

  • Wordpress(ワードプレス)


今回取り上げたツール以外にも様々な特徴や強みを持ったツールがあります。ご自身の利用目的に合わせて選択していきましょう!


|ノーコード制作のメリット

ノーコード制作の主なメリットは、以下の通りです。

  • 専門的な知識がなくても自分自身で開発できる

  • 制作会社への外注にかかる費用を削減できる

  • 短い時間で公開できる

専門知識がない方でも制作できるため、費用や時間を削減できる点が大きなメリットです。

制作を専門家に依頼するという場合でも、コーディング作業がカットできるので、外注費用も大幅に削減できます。


|ノーコード制作のデメリット

ノーコード制作の主なデメリットは、以下の通りです。

  • 複雑な開発や動きが再現できない

  • CMSへの依存度が高い

  • ツールに慣れるまでの時間が必要になる

ノーコードの制作は専用のCMS内で行うため、プログラミング言語を使って一から開発するよりも、自由度は低くなります。また、仕様変更やサービス終了があれば、それに従うしかなくなってくるのが、ノーコード制作のデメリットです。




|まとめ

ノーコードの特徴やメリット、おすすめのノーコードツールなどについてご紹介しました。

ノーコードでの制作は費用を削減できる、自分自身で制作できる等の大きなメリットがある中、仕様変更やサービス終了があれば、それに従うしかないというデメリットもあるため、ご自身の用途・目的等に合わせてご選択ください。

ノーコード業界は今後もますます注目度が高まると予想されます。現在は利用していない企業様であっても、今のうちにノーコードによる開発を視野に入れておいてもいいでしょう。



|プロフィール紹介


氏名:増田 将

経歴:同志社大学経済学部卒業

2019年〜Web制作事業をフリーランスとして起業。2021年〜大手コンサルティング会社に入社・2022年〜DeFi合同会社を設立


実績:ノーコードツール「Wix」の公式認定パートナー。Wix社協賛のウェビナーに複数回登壇。現在まで300サイト以上のノーコードサイトに携わる。