top of page

SEO対策は意味がないのか?その理由と対策をプロが解説。

更新日:1月8日


SEO対策は意味がないって本当?

SEO対策についての誤解は多く、一般には文字数の多さやキーワードの過剰な使用が有効だと思われがちですが、これらは長期的なSEO対策としては不適切です。


本質的には、適切な情報を求める人々に対して、それを効率よく届けることが重要です。


適切なSEO対策により、Webサイトの可視性が高まり、ビジネス成果に直接的な影響を与えることができます。


この記事では、SEO対策の誤解を解き明かし、効果的なSEO対策をプロが解説いたします。



 

目次


 

| SEOの一般的な誤解


インターネット状にはSEOに関するさまざまな誤解があります。

そこでよくある間違いを簡単に上げさせていただきます。


誤解その1: 文章量の重視


文字数が多い方がGoogleから高い評価を受けやすいと言われています。

ただし、ただ文字数だけを多くさせたコンテンツはGoogleに不適切と判断される可能性があります。


ターゲットの検索意図を分析せず、関係のない情報が多い記事は、かえって逆効果になる可能性があります。


誤解その2: Googleガイドラインの違反


Googleは検索品質評価ガイドラインを設けてあります。

このガイドラインに反したWebサイトやコンテンツはペナルティを受け、SEOが悪化する可能性があります。




| 正しいSEO対策の重要性


SEOを正しく理解し、適切に実行することは、WebサイトのSEO対策成功に不可欠です。

以下のポイントは、効果的なSEO戦略を構築する上で重要です。


適切なキーワード選定

ターゲットとなるオーディエンスが検索するであろうキーワードを選定し、それらを自然な形でコンテンツに組み込むことが重要です。適切なキーワードの選定は、関連性の高いトラフィックを引き寄せます。


高品質なコンテンツの作成

価値ある情報、ユーザーの問題解決に役立つアドバイス、ユニークな視点を提供することで、読者の興味を引きつけ、ウェブサイトへの滞在時間を延ばすことができます。


長期的な視点でのSEO対策

SEOはすぐに成果が現れるものではありません。継続的な努力と時間をかけて、定期的にコンテンツを更新し、ユーザーのニーズに合わせて最適化することが重要です。


これらの方法を取り入れることで、ウェブサイトの可視性が高まり、トラフィックの増加や売り上げの増加などの成果への貢献が期待できます。


E-E-A-Tを高める

SEO対策において有名な、

Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)とTrustworthiness(信頼性)の頭文字を並べたE-E-A-Tという言葉があります。


こちらを高めることでGoogleのコンテンツ評価が高くなり、検索結果が上に上がってきやすくなります。





|まとめ

この記事を通じて、SEOに関する一般的な誤解を明らかにし、正しいSEO対策を書かせていただきました。


適切なキーワード選定、高品質なコンテンツの提供、そして継続的な最適化は、

どのようなビジネスにも必要不可欠な要素です。


効果的なSEO戦略を採用することで、ウェブサイトの可視性が向上し、目に見えるビジネスの成果を得ることが可能です。


今回の記事が、SEO対策の重要性を再考し、あなたのビジネスに新たな視点をもたらす一助となれば幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



|プロフィール紹介


DeFi合同会社の増田

氏名:増田 将

経歴:同志社大学経済学部卒業

2019年〜Web制作事業をフリーランスとして起業。2021年〜大手コンサルティング会社に入社・2022年〜DeFi合同会社を設立


実績:ノーコードツール「Wix」の公式認定パートナー。Wix社協賛のウェビナーに複数回登壇。現在まで300サイト以上のノーコードサイトに携わる。








Comments


bottom of page