top of page

【2024年最新版】ホームページ作成費用の相場って?相場と損しない選び方を解説します!


ホームページの作成費用って?

ホームページの作成を検討し、相場を調べてみると30万〜100万円など

価格が大きこことなっていて驚かれた経験はありませんか?

今回は、ホームページの価格の差がなぜここまで大きいか、相場、損しない選び方を書いていきたいと思います。


 

目次



 

|ホームページ制作の価格の差


ホームページを制作する際、価格に大きな差があるには以下のような理由が考えられます。


1. デザインの複雑さ

シンプルなテンプレートを使用するWeb制作の場合は安価ですが、カスタムデザインはより高価です。デザインの複雑さが増すほど、技術と時間が必要になり価格が上昇します


2. 機能性の要求

基本的なWebサイトと比較して、Eコマース機能や予約システムなど、機能を備えたサイトはシンプルなコーポレートサイトより高価になります。


3. 使用するプラットフォームの違い

WixやWordPressなどのCMSを使用する場合は比較的安価ですが、

ゼロからのカスタムコーディングはエンジニアなどの人件費が必要になりコストが高くなります。




|2,ホームページ制作の相場


以下は、ホームページ作成費用相場の早見表です。

プロジェクトの種類、概要、相場に分けて費用相場を示しています。

以下を参考にしてください。


プロジェクトの種類

概要

相場範囲

基本的なウェブサイト

シンプルなデザイン、少数のページ

¥50,000 - ¥200,000

中規模ビジネスサイト

カスタムデザイン、複数ページ、基本的な機能

¥200,000 - ¥500,000

Eコマースサイト

商品販売機能、カートシステム、高度なデザイン

¥500,000 - ¥1,500,000

高度にカスタマイズされたサイト

特殊機能、高度なデザイン、大規模コンテンツ

¥1,500,000以上

継続的メンテナンス

定期的な更新、サポート、機能追加等

月額¥10,000 - ¥50,000


これらは一般的な相場で、具体的な価格はプロジェクトの要件や依頼先によって異なることがありますので、ホームページ作成の際には、相見積もりを取ったり、詳細な打ち合わせを行い、慎重に進めていくことが必要です。




|3,損しないWeb制作会社の選び方


ホームページ制作をWeb制作会社に依頼する際に、どんな機能が必要なのか、

SEOの対策や、アフターサポートは充実しているかなど、考える点は他にも多くあります。自分に合った費用でホームページを制作することが損をしないために必要になります。


Web制作会社を損しないで選ぶためには、


まず過去の事例や実績を確認してスタイルや専門性が自分のニーズに合っているかを見極めます。


デザインや使いやすさなど、他のWebサイトを参考に自分が理想とするWebサイトのイメージを固めておきましょう。



さらに、サイト公開後のサポートやメンテナンスの有無、契約書の内容、プロジェクトのスケジュールと納期が明確かどうかもチェックします。


これらの要素をしっかり確認することで、適切なWeb制作会社を選ぶことができます。




|まとめ


今回はホームページ制作において、価格に大きい差があることや、ホームページ制作の相場などをまとめてみました。


相場を正しく理解し、自分に合ったWebサイトをWeb制作会社に依頼することが必要です。


弊社ではノーコードWe制作のWixを使用したWeb制作を承っています。

Wixを使用することのメリットが多く、エンジニアの人件費などが必要ないので

比較的安価でハイクオリティなWebサイトを作成できます。


Wixメリットなどについて詳しく知りたい方は下記のブログもぜひご覧になってください。




|プロフィール紹介


DeFi合同会社の増田

氏名:増田 将


経歴:同志社大学経済学部卒業


2019年〜Web制作事業をフリーランスとして起業。2021年〜大手コンサルティング会社に入社・2022年〜DeFi合同会社を設立


実績:ノーコードツール「Wix」の公式認定パートナー。Wix社協賛のウェビナーに複数回登壇。現在まで300サイト以上のノーコードサイトに携わる。








bottom of page